学校の授業と受験

学校の授業で受験可能か


トップ » 学校の授業で受験可能か

受験にあたっての学校について

志望校に合格するには、その学校が求めているレベルに到達する為のあらゆる努力を積み重ねなければなりません。偏差値などの数字上のものだけを追うのではなく、入学後に求めているものは何なのかについても心得ておく必要があります。受験科目が決まっていれば、他の教科よりも勉強時間を割くことになりますし、レベルアップのためには予備校や塾に通うこともあります。このようにして受験のための環境が整えば、あとは自身の力を最大限に引き出すことに集中します。そこで大切なのは学校生活を疎かにしないことです。実力アップの土台となるのは、毎日の授業の積み重ねであることを忘れないことです。

受験に塾は必用なのか

受験はほとんどの人が経験しています。本来であれば学校の授業だけでも大丈夫なのでしょうが、塾に通っている子供が多くなっています。ゆとり教育という言葉が出てきてからでしょうか。多くの塾のチラシを目にする機会が増えました。でも塾に通えない子供もいるはずです。それだけ学校の授業だけでは不安になっているのでしょうか。事実として授業時間は削減されました。教科書も以前より薄くなりました。休みも増えました。それが不安になる要因なのでしょう。高校へ進学するには受験は必用不可欠です。心配になった親が塾へ通わせる意味は解りますが、それが本来の教育なのでしょうか。違うような気がします。